STAFF/akira
by CC-akira
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
life at palau
ocean of palau
fishlist of palau
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
5年間ありがとうございました。
at 2017-05-13 08:43
GWが終わったら!
at 2017-05-01 19:39
台風一過
at 2017-02-18 19:22
サメの恩返し
at 2017-02-16 14:33
マクロファンダイブ
at 2017-02-03 21:13
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

5年間ありがとうございました。


明日の未明、パラオを発ちます。

最後のブログです。




2012年4月に入社し、5年以上パラオで働かせていただきました。

本当にあっという間の5年間でした。

毎日毎日がしっかりと記憶に残るほどの内容の濃い日々。

ダイビングガイドという仕事を通じて本当に多くの経験をさせて頂きました。





入社した当初は、22歳。

大学卒業直後で、社会経験もありませんでした。

ダイビング本数も当初は100本以下。

ライセンスもただのオープンウォーター。

そんな経験もない若造のくせに「将来水中カメラマンになりたいです。」とか言っちゃってる。





今思えば本当に使えない人材だったと思います。笑

そんな自分を採用していただいた社長に本当に感謝しています。






最初の仕事ぶりは酷いものでした。

毎日怒られ、何も出来ない自分が嫌になっていました。

元々接客業をするようなタイプの人間でもないので、お客さんと話すことすら苦手意識。

正直、最初の1,2ヶ月はあまりお客さんの記憶がありません・・・(その頃来て頂いた方ごめんなさい)。

毎日成長と失敗の繰り返しでただがむしゃらに生きていました。






そんな1年目も無事終わり、ガイドデビューも果たせました。

ガイドになってからですかね。

お客さんとの距離がすごく縮まった気がします。

自分がガイドをすると、100%お客さんの満足度に反映されます。

ガイドという仕事の難しさと楽しさに気付きました。





そして、思いました。

ガイドの仕事がすごく楽しい、と。





元々、正直に言えば、

「ダイビングのスキルアップ」、「英語力の向上」をメインに考えてパラオを選びました。

確かに、ダイビングのスキルはものすごく上達したと思います。

目標だったペリリューのガイドもできるようになりました。

英語は思ったよりは全然向上しなかったけど・・・。






でも、パラオに来て手に入れることができた財産は、間違いなく「人の繋がり」でした。

毎日「初めまして」の人がいる環境。

3,4日一緒に潜り、帰る頃には仲良くなります。

5年間でいったいどのくらいの人と出会えたのだろう。






いつしか、人と話すことがすごく好きになっていました。

人それぞれの人生がある。

その長い人生の中で偶然出会う。

そんなすごい偶然が毎日のように起こるこの仕事。

すごいことです。

こんな幸せな職業ができて本当に誇りに思います。





でも、もちろん楽しいだけの仕事ではありませんでした。

ダイビングの怖さ、太刀打ちできない自然の強さ。

怖い経験もたくさんありました。

一歩間違えれば大変なことになっていたかもしれない・・・、ということも。




自分の判断次第で簡単に事故が起こってしまう。

ガイドの楽しさのウラにいつも恐怖がありました。

ガイドを引退することを考え出した頃からその気持ちはもっと大きくなりました。

とにかく事故無く安全に終わりたい、と。





本当にダイビングガイドという仕事は責任のある仕事です。

どんな状況でも、何が起こっても結局全てガイドの責任なのです。

「潜る」と決めたその瞬間に、全てを背負わなければいけません。





現役のガイドだったらこんなこと言わないですが、皆さんに、

心の片隅に「ガイドが抱えている怖さ」を知っておいてもらえたらな、と思います。

安全こそ最大の楽しさだと思います。




皆さんがいつまでも安全に楽しくダイビングを続けていくことをずっと願っています。

また、クルーズコントロールもいつまでも続いていって欲しいです。

いつか次の仕事でクルコンにお世話になるのが夢ですね。







もうすぐ日本に行くのにまだ実感がありません。



朝の準備で汗が止まらないパラオ。

断水にもはや動じない生活。

店員がスマホいじってるゆるさ。

工事後に悪化する道路。

エンジンの落ちる車。

普通に見る事のできる綺麗な夕陽。

目の前に海のある職場。




全ての日常が非日常に変わってしまう。

今、書いてたら急に実感湧いてきました。。。笑





ここ1週間帰る準備のため街中を結構うろついてたのですが、結構な確率で知ってる人に遭遇しました。



辞めてしまったフィリピン人。

一緒に仕事をしたパラオ人。

よく飲んだ韓国人の友達。




なんだか5年間の生活がこういうとこに出るんだな、としみじみしました。

最初、誰も知り合いのいなかったパラオ。

今では、友達もたくさんできました。

みんなと会えなくなるのが切ないですね。






本当に大好きなパラオ。

できることならずっとこんな生活をしていたいとも思いました。

でも、夢を追わせていただきます。





5年間で得た多くの経験を活かして次の道へ進みます。






本当に、本当に、幸せな5年間でした。

関わった全ての皆様。




ありがとうございました。






Akira



















[PR]
# by CC-akira | 2017-05-13 08:43 | life at palau

GWが終わったら!



やばい・・・。



やばいですね・・・・・・・。。。





全然スタッフブログ上げてなかった!!!!





クルコン退社まで残り6日。笑





既にGW突入済み。






フィッシュリストとか全然書いてないや・・・。

ごめんなさい。






GWが終わっても(退職しても)、1週間くらいはパラオにいるので改めてブログ書きますね。

パラオでの生活とか、海のこととか、ガイドのこととか、色々最後に書きたいこともあります。




とにかく残りわずかなガイドという仕事を最後まで全力でやり切ります。

クルーズコントロールの海ログ
http://www.cruisecontrol-log.blogspot.com/


の方は毎日アップする予定なので、最後まで応援よろしくお願いしますね。

今日はこの辺で・・・。

e0269418_19383552.jpg



Akira

[PR]
# by CC-akira | 2017-05-01 19:39 | life at palau

台風一過

今は乾季。

乾季のはずです。





それなのに・・・。





数日前まで台風並みの爆荒れ具合でした。

この時期に東側、内湾、内湾・・・。

悲しくなりますね。





そしてついに嵐は去りました!!

ブルーコーナーにも行ける!



久しぶりのブルーコーナーはうねりの影響で濁り気味。。。

まぁしょうがないですねー。



と、いつものようにブルーコーナー先端へ。

そこには驚くべき光景がありました。





なんと出る潮回りではないのにツノダシの群れ!!!

そして潮回り通りのミヤコテングハギの大群もすごい!

さらに、様々な群れが集まっています。

普段群れない魚たち。

・ツノダシ
・ヒブダイ
・キビレブダイ
・トゲチョウチョウウオ
・スダレチョウチョウウオ
・レモンチョウチョウウオ
・フウライチョウチョウウオ
・ニセフウライチョウチョウウオ
・アケボノチョウチョウウオ
・ミヤコテングハギ
・ヒメテングハギ
・ツマリテングハギ
・クロモンツキ
・カンランハギ
・ヒレナガハギ
・ゴマニザ
・サザナミトサカハギ

規模は大小様々ですが、これだけの群れが先端に集まっています。

もはやパニック状態。

今までで一番魚影の濃さを感じました。

上の魚たち、普段は群れにはなりません。

なるとしても全部一緒には出ません。





ある説があります。

繁殖期に例外的な激しさで海が荒れると、魚たちの繁殖行動が促される。



危険を察知してなのか、体内時計が狂ってしまうのか原因はわかりません。

一度だけの話なら、そんなまさか!と思えるんですが・・・。

数年前に起きた12月の台風の後にも全く同じ現象が起きていました。

その時も台風直撃でサンゴが壊滅し、砂の地形が変わってしまうほどの激しさでした。





この説、かなり有力です。

でもどうやって急に集まることができるのだろう。

魚って本当に不思議です。




興味深い現象でした。


Akira

[PR]
# by CC-akira | 2017-02-18 19:22 | ocean of palau

サメの恩返し


先日早朝でブルーコーナーに行った時のこと。

ブイにサメが絡まっていました・・・。

e0269418_14293302.jpg

Shinobuさんが発見。

最初死んでしまっているのかと思いましたが近寄ってみると口がパクパク動いてます。

Shinobuさんがそっと近寄りロープを外します。

案外するっと抜けたサメ。

抜けた瞬間何事も無かったかのように泳ぎ去っていきました。

死んでなくて本当に良かった。






以前、他ショップのガイドさんも同様のシチュエーションに会ったことがあるそうです。
そしてやはり同じようにサメを救助。



その後・・・。



なんとジンベエザメと遭遇・・・!!!!!!





「サメの恩返し」というものがあるみたいです。

そんなことも考えながら、普通に潜ったのですが残念ながらジンベエザメは出ず。

なんならその後、Shinobuさん足切って血だらけになってましたからね。笑

恩返しどころじゃない。

でもブルーコーナーを去り際、綺麗な虹が出ていました。

e0269418_14310633.jpg

きっとこれが恩返し。








そんな早朝を終えショップに戻りました。

いつものように仕事を終え、だらだらしてると無線が1本。





「C3でーす。3本目ブルーコーナー終わりましたー。・・・ジンベエ出ました。」




!!!!!!!






はいっ!!!????







まさかのジンベエ!!!!!

しかもブルーコーナー!!



これって、絶対、そうですよね!

あの時、あのサメはきっとジンベエ呼びに行ってくれたのでしょうね。

でも遠すぎて間に合わなかった。

到着してみるとShinobuさんはもういなかった・・・。



ちなみにその日ジンベエを見たのはクルーズコントロールのTakahiroチームのみ。

そのTakahiroチームには早朝でShinobuさんチームだった方が乗り換えて居ました。

とにかくあの時その場に居た人に会わなきゃ!!

って感じですかね。




久しぶりに鳥肌立ちました。

本当に「サメの恩返し」ってあるんですね。


e0269418_14330560.jpg



でもShinobuさんにはまだ恩返し届いてないよ。笑

早く探し当ててあげてください。




Akira




[PR]
# by CC-akira | 2017-02-16 14:33 | ocean of palau

マクロファンダイブ

ある日突然、先輩ガイドさんからメッセージが入りました。

「明日ガイド何人かでボート出して写真撮りに行くんだけど休みだったら一緒に行く?」

はい、即答。



たまたま忙しくない日だったので、休みにしてもらっちゃいました。

行くポイントは通常のポイントですが、がっつりマクロ!!

「ネタ探し」と「写真撮影」ですね。




皆さん一眼レフ。

自分だけコンデジ・・・。

それでも負けじとマクロで挑んできました。




1、ニュードロップオフ

深いところでは、イエローストライプドフェアリーバスレットのメスのチビ!

2cmくらいなのでピントが決まらない!

さらにフタホシキツネベラのチビ!

1.5cm!無理!

証拠写真レベルしか撮れません。

数センチの動く魚はコンデジじゃ厳しいですね。

棚に上がってヒバシヨウジ!

e0269418_18573216.jpg

ペアでお腹には卵も付いてました。

よく見ると横にベンケイハゼ。
e0269418_18583083.jpg
こちらもペア!!

e0269418_18591086.jpg

最後はハダカハオコゼのペアを発見して終了でした。

e0269418_18594575.jpg

2、ビッグドロップオフ
深いところでカミソリウオ発見。

e0269418_21094532.jpg

さらに初のオリビアシュリンプ!

e0269418_21104472.jpg

見た事なかったから見たいと思ってて、さらに自分で発見したにも関わらず!

全然興味が湧かない・・・。

エビダメだなー。


電池が少なくなってきたのでその後はネタ探し。

電池の消耗が速いのもコンデジのデメリットですねー



3、ジャーマンチャネル
こちらは皆でベラ狙い。

通称「ベラ団地」で追い回します。

ジョンソンズラスというベラを教えてもらいました。



動く動く。

ノンストップで縦横無尽に泳ぎ回ります。

狙う自分もそれに合わせて縦横無尽。

ピントが合った瞬間シャッターを切る。

シューティングゲームのような楽しさがあると聞きましたがまさにその通りですね。

楽しい・・・!



一眼ではいい瞬間を撮るのが目標になりますが、コンデジではもはやピント合わせが目標!

とにかくピントが合って、ストロボが届いていれば合格です!(自分の中で。笑)

e0269418_21114493.jpg

いやー、難しかったけどすごい楽しかったなー

最後はカサゴのチビで締め。

e0269418_21124523.jpg

ハダカハオコゼといい、カミソリウオといい、カサゴといい・・・。

どうしても擬態系が好きで撮ってしまう。笑

ファンダイブだと趣味がすごく出ますね。

上がってから写真見て、気付く。笑




楽しい1日でした。


Akira

[PR]
# by CC-akira | 2017-02-03 21:13 | ocean of palau